2007年05月21日

移動とストリーミング

日曜日は某会合があり、東京方面へ行っておりました。
で、その帰り 東京→茨城県南 の常磐線移動でP903iXのストリーミング連続受信実験をやってみました。

ちなみに実験内容ですが、自宅から送信している250kbpsのWMV動画をP903iXを使用して日曜の夜11時頃に常磐線普通列車で上野→茨城県南まで受信してみるというものです。
250kbpsなのでFOMAハイスピードエリアでなくても受信できるはずですがはてさて。

そんなわけで上野駅10番線。さすがに東京ですしハイスピードエリア内ですし、安定して受信可能。車内でも問題なしです。
そして発車。依然、安定。全く途切れず快調に進んでいきますが北千住目前で一旦10秒ほど途切れ。北千住を発車したところでも一旦途切れました。その後は快調に受信して千葉県内へ。

千葉県に入ると急に状態悪化。松戸あたりまで数回途切れ発生。その後新松戸を過ぎるとかなり悪化し、柏、我孫子くらいまで頻繁に断続。天王台を越えて若干改善し茨城県内へ。

茨城に入ると状況改善。藤代手前、牛久付近で若干途切れた物の、概ね良好。

こんな感じでした。駅に近づくと使う人が増えるのか速度が落ちる感じがします。都内は利用者が多いので回線に余裕が有る感じでしょうか。千葉はハイスピードエリアにもかかわらず利用者が多いためか速度が出ない感じです。茨城はほとんどハイスピードエリアでは無いにもかかわらず安定していたのは利用者がまだ少ないと言うことなのでしょう。

そんなわけで結論。そこそこ使えるけど人の多いところでは厳しいかも。私のようにワンセグエリアの端(田舎、とも)が主な行動範囲の人間にはちょうど良い感じがします。
posted by 7K4OWM at 01:08| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | チラシの裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック